世界最高峰ラグジュアリーセダンの納車がスタート

世界最高峰ラグジュアリーセダンの納車がスタート

  •  新型Bentley Flying Spur、お客様への納車を開始
  • 多くの賞に輝く新型Flying Spurがキビキビとしたスポーティさと比類なきラグジュアリーを実現
  • 伝統的なハンドクラフトと現代的なパフォーマンスを融合させたBentley最高峰の4ドアグランドツアラー
  • 新型Flying Spurが示す洗練されたラグジュアリーのあるべき姿
  • 高級自動車メーカー初となるカーボンニュートラル認証取得工場でハンドクラフト
  • 究極のラグジュアリーグランドツーリングセダンは168,300ポンドから*

(2020年2月4日、クルー)Bentley Motorsはラグジュアリーモビリティ新時代の幕開けを飾るべく、新型Flying Spurのお客様への納車を欧州と英国で開始しました。中東、北米、アジアでも今年中に納車を開始する予定です。2020年は、Bentley世界販売台数の約20%を新型Flying Spurが占める見通しです。

新型Flying Spurは2019年下半期に初公開されて以来、「ラグジュアリー・カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞するなど非常に高い評価を受けてきました。Bentleyクルー工場で生産が本格的にスタートしたのは2019年11月でしたが、それに先立ちクルー工場は、高級自動車メーカー世界初となるカーボンニュートラル認証をカーボントラスト社から取得しています。

Bentleyセールス・マーケティング担当のクリス・クラフト取締役は次のように述べています。「完全刷新されたFlying Spurでは、エモーショナルなデザインと多彩でダイナミックな走りが向上し、世界最高レベルのインテリアスタイルと革新的なテクノロジーが融合しています。新型Flying Spurは究極の高性能ラグジュアリーセダンであり、Bentleyの新たなフラッグシップでもあります。私どもが考える真のラグジュアリーカーをお客様のもとにお届けできる日を迎えたことを心より嬉しく思います」

新型Bentley Flying Spurは、圧倒的パフォーマンスがもたらす敏捷性とリムジンのような極上の乗り心地がパーフェクトに融合した究極の4ドアラグジュアリーグランドツーリングセダンです。

一目でBentleyと分かる堂々とした存在感を示し、豪華なキャビンはこの上なく快適で洗練された空間を提供します。ドライバーとパッセンジャーに等しく満足していただけるよう設計された新型Flying Spurの在り方は、他のどんなクルマにも真似できません。新型車開発にあたって設計をゼロから見直し、英国が誇る最高峰のクラフトマンシップの中に革新的な最先端テクノロジーをシームレスに溶け込ませました。

第三世代となるFlying Spurは、モダンで塊感のあるBentleyのデザイン言語を体現しつつ、クルー生まれのDNAをしっかりと受け継いでいます。プラットフォームの刷新により、フロントアクスルを前方に移動してホイールベースを延長したことでアスリートのような佇まいが生まれました。

豪華なキャビンに目を向けると、翼の形を模した新設計フェイシアのデザインがフロントキャビンからリアキャビンへと流れるように続き、巧みな統一感を生み出しています。最高級でサステナブルな天然素材を用いつつ、最先端テクノロジーを随所に盛り込んだインテリアは紛う事なきBentleyです。

精巧に作り込まれたダッシュボードでは、Bentleyローテーションディスプレイが目を引きます。12.3インチデジタルタッチスクリーンを搭載したHDインストルメントパネルを回転させると、美しいアナログメーターやすっきりとしたウッドパネルが現れます。

リアシートでは取り外し可能なタッチスクリーンリモートが活躍します。ブラインド、クライメートコントロール、リアシートのマッサージ機能など、主な機能をすべて手元で操作できる最先端の端末です。Flying Spurのムードライティングシステムを操作して、様々な光の演出を楽しむこともできます。

広々としたキャビンの快適性と洗練性は、選択肢が豊富に用意されたシングルウッドパネルやデュアルウッドパネルによって一層際立ちます。前後シートはデザインを一新してレザー製フルートシートとし、Mullinerドライビングスペシフィケーションに含まれるダイヤモンドキルトを配しました。ドアインサートには、3Dテクスチャーのダイヤモンドキルトレザーが世界初採用されています。

パノラミックガラスサンルーフはオプション装備です。ルーフの全長いっぱいに配置されたサンルーフから陽の光が降り注ぎ、グランドツーリングの爽快感がさらにアップします。オーディオシステムも最高級です。16スピーカーのBang & Olufsen、2200WのNaimを含む3種類から選択できます。

新型Flying Spurは最先端テクノロジーにおいてもラグジュアリーカーセグメントをリードします。ドライバーアシストシステムは、赤外線カメラを用いたナイトビジョン、トラフィックアシスト、ブラインドスポットウォーニング、ヘッドアップディスプレイといった充実ぶりを誇ります。車両一体型WiFiホットスポットをはじめとする高度なコネクティビティ機能も満載され、ドライバーは様々な情報やサービスをリアルタイムで利用できます。

アルミ複合材による完全新設計の最先端シャシーを採用したFlying Spurは、最新技術の結晶です。Bentley初採用となるエレクトロニックオールホイールステアリングは、アクティブAWDや、世界初の48V電動アンチロールシステムであるBentleyダイナミックライドと組み合わせることで、驚異的なハンドリングと乗り心地を実現します。もうひとつ注目すべきは、新設計の3チャンバーエアスプリング。リムジンのような乗り心地からスポーティなボディコントロールまで、これまで以上に多様なサスペンション設定が可能です。Flying Spurがラグジュアリーセグメントで例を見ない、多彩なドライビングを実現できるのは、このエアスプリングのおかげです。

Flying Spurの心臓部となるのは、Bentleyが誇る6.0リッターツインターボチャージドW12エンジンの強化バージョンです。このエンジンに高度な8速デュアルクラッチトランスミッションを組み合わせ、素早く、滑らかなギアチェンジに一層磨きをかけました。この新設計TSIエンジンが0-100km/h加速3.8秒、最高速度333km/hを発揮します。

*価格は180,400ユーロまたは214,600米ドルから

- 以上 -

編集者の皆様へ

Bentley Motorsは、世界トップの人気を誇る超高級車ブランドです。本社は英国クルーにあり、ContinentalFlying SpurBentaygaMulsanneという4車種の設計からR&D、エンジニアリング、製造までを一貫して本社で管理しています。何世代も受け継がれてきた技を駆使するクラフトマンシップ、エンジニアリングの専門知識、そして最先端のテクノロジーを融合させることは、Bentleyのような英国高級自動車メーカーだからこそなせる技です。また、付加価値の高い英国製造業の代表例とも言えます。クルー本社では、約4,000人の従業員が勤務しています。

Press Release

377 KB

Images
(4)

Make a selection
0 Images selected

Related News

Please rotate your screen.

This website uses cookies to ensure you get the best experience.