蘇る伝説の名車「スピードシックス」

蘇る伝説の名車「スピードシックス」

  • ベントレーがコンティニュエーションシリーズとして「スピードシックス」の製作を決定
  • 世界最古のコーチビルダーであるマリナーが12台のスピードシックスをハンドメイドで復刻
  • 1929年と1930年にル・マンを制したオリジナルモデルを忠実に再現
  • コンティニュエーションシリーズ第一弾で完売した12台の「ブロワー」に続く第二弾
  • 6½リッター直列6気筒エンジンは200bhp、最高速度125mph
  • 復刻版スピードシックスは1台150万ポンドから、すでに12台すべてが予約済み
  • グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードにて詳細を発表

(2022年6月24日、クルー) ベントレーは伝説の名車「スピードシックス」をマリナーが手掛けるコンティニュエーションシリーズとして12台限定で復刻生産することを決定しました。1929~1930年にかけてル・マンを制覇したレース仕様のスピードシックスが機関も外観も当時のまま蘇ります。戦前モデルのコンティニュエーションシリーズとしては世界初となった「ブロワー」のプロジェクトに続き、第二弾となるスピードシックスに着手したマリナーは伝統技術を継承しつつ、その職人技をさらに高め、栄光に輝くオリジナルモデルの姿を忠実に再現します。

当時のベントレーのレーシングカーの中で最も輝かしい成績を残したスピードシックスは、ベントレーの歴史に残る重要なモデルのひとつです。ライバル車を圧倒する性能を改めて実証したことに加え、スピードと乗り心地と高級感を備え、長距離移動を快適にこなすグランドツアラーという概念をも具現化しました。その精神はすべてのベントレーに受け継がれています。

12台のスピードシックスはマリナーのスペシャリストらで構成されたチームによってすでに設計が完了し、今後は同チームによって開発と製造が行われます。このチームは戦前モデルのコンティニュエーションシリーズとしては世界初となったブロワーを製作したチームです。復刻された12台の4½リッターブロワーは、ベントレーが所有する1929年製の2号車をベースに製作され、すぐに完売しました。この2号車は世界一貴重なベントレーであるといっても過言でなく、1930年にスピードシックスとともにレースを戦ったクルマとしても知られています。新たに復刻されるスピードシックスも12台すべてが世界各地の幸運なお客様によって予約完売となっています。

スピードシックスのコンティニュエーションシリーズについては、グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードにてベントレーのエイドリアン・ホールマーク会長兼CEOより正式発表がありました。

「マリナーのコンティニュエーションシリーズ製作チームはブロワーの復刻を通して驚くほどの技術を習得し、お客様への納車も無事完了いたしました。次なるステップとしてスピードシックスを復刻できることは大変素晴らしいことです。私たちはベントレーの歴史的名車をただ保存するだけでなく、名車の復刻によって得た知識を継承し、発展させていくことが重要だと考えています。スピードシックスは当社103年の歴史を代表するベントレーのひとつです。コンティニュエーションシリーズとして復刻される12台はエンジニアリングの品質に細心の注意を払い、ディテールへの並々ならぬこだわりを持って手作業で製作され、W.O.ベントレーが製作したオリジナルモデルに匹敵する貴重なクルマとなります。幸運にもオーナーとなられたお客様はご自分のスピードシックスを世界各地で走らせ、当時のベントレーボーイズの栄光を肌で感じることができるでしょう」

マリナーのチームは前回の復刻モデル同様、自動車関連の伝統技術を継承する英国内の各企業とその職人の皆様に協力を仰ぎ、オリジナルモデルのパーツと物理的にまったく同じものを再現するのはもちろんのこと、多くの場合、1920年代に用いられた製造方法も再現します。製造方法まで徹底的に再現することが本物の証であり、この難しいプロジェクトの成功の鍵となります。

スピードシックス

6½リッターの高性能バージョンとして誕生したスピードシックスはレースで最も活躍したベントレーであり、1929年と1930年のル・マンではウルフ・バーナート、ヘンリー・ティム・バーキン卿、グレン・キッドソンがドライバーを務めたスピードシックスが総合優勝を果たしました。

スピードシックスのベースとなった6½リッターは1926年に誕生しました。 スーパーチャージャーを強く希望したティム・バーキン卿とは異なり、W.O.ベントレーは排気量の拡大こそがパワー増強の最善の方法であると考えていました。そこでW.O.は、4½リッターの後継として排気量を拡大した新エンジンの開発に取り組み、ボア×ストロークが100mm × 140mm、排気量がほぼ6.6リッターの直列6気筒を完成させたのです。この6½リッターエンジンはスミス製5ジェットシングルキャブレター、ツインマグネトー、圧縮比4.4:1を基本設計とし、3500rpmで147bhpを発生。北ロンドンのクリックルウッドにあったベントレーの工場で362基が製造され、エンジンを搭載するシャシーは顧客が希望するボディスタイルに応じて製作されました。

この6½リッターの高性能バージョンとして1928年に登場したのがスピードシックスです。SUツインキャブレターと高性能カムシャフトを採用したエンジンは圧縮比を高めることによって出力が180bhpに向上。シャシーは3505mm、3569mm、3874mmの3種類のホイールベースから選択でき、短めのタイプが特に人気でした。1928年から1930年にかけて182台のスピードシックスが生産されました。

一方、レーシングカーとして製作されたスピードシックスはホイールベースを3353mmとし、圧縮比は6.1:1、出力はさらに向上して200bhpを発生。ル・マンで1929年と1930年の2年連続優勝を果たし、ベントレーの歴史にその名を刻みました。特に1929年のル・マンではベントレーが上位を独占し、前人未踏の完全勝利を収めました。その年はバーナート/バーキン組のスピードシックスが1周目からチェッカーフラッグまで終始レースをリード。2~4位もベントレーが独占しました。バーキンはそれまでのラップレコードを46秒も更新する7分21秒という新記録を叩き出し、平均時速83マイルで2844kmを走り、走行距離の記録も塗り替えました。ル・マンでこれほど圧倒的な結果を残したメーカーは、その後30年近く現れませんでした。

蘇る伝説の名車

1929年と1930年のレースに参戦したスピードシックスを忠実に再現し、12台の復刻モデルを製作するため、マリナーチームはまず、オリジナルモデルの設計図と詳細な分析を基に完全な3D CADモデルを作成しました。参考としたのは2台のオリジナルモデルです。

1台は1930年のル・マンに参戦した3台のスピードシックスの内、「オールド・ナンバー・スリー」と呼ばれる車両です。ル・マンでの勝利には至らなかったものの過酷なレースを走り抜いたこの車両は、その後大切に保管されてきました。オールド・ナンバー・スリーは現在も公道を走行可能であり、現オーナーはこのクルマでレースにも参加しています。復刻版の製作にあたり、設計の詳細などの貴重なデータをこの車両から得ました。

もう1台はベントレーのヘリテージコレクションに追加されたスピードシックス(GU409)です。レースに参戦したスピードシックスと同じく、4人乗りのヴァンデンプラス製ボディを架装した1929年製のロードカーであり、当時の仕様が忠実にレストアされています。GU409からは復刻版のパフォーマンスとハンドリングの基準となるデータを収集し、それに見合う以上のパワーとトルクカーブを持つエンジン12基の製作などに活用します。

92年ぶりに新たに製作されるスピードシックスの最初の車両は今年後半に組み立てが完了し、今回のプロジェクトの試験開発車両として使用されます。試験開発車両「カーゼロ」は、ブロワーの「カーゼロ」とともにコンティニュエーションシリーズの記念すべき1台目としてベントレーで保管されます。

- 以上 -

編集者の皆様へ

ベントレーモーターズは、世界トップの人気を誇る超高級車ブランドです。本社は英国クルーにあり、コンチネンタルGT、コンチネンタルGTC、フライングスパー、ベンテイガ、ベンテイガEWBという5車種の設計からR&D、エンジニアリング、マリナー、製造までを一貫して本社で管理しています。何世代も受け継がれてきた技を駆使するクラフトマンシップ、エンジニアリングの専門知識、そして最先端のテクノロジーを融合させることは、ベントレーのような英国高級自動車メーカーだからこそなせる技です。また、付加価値の高い英国製造業の代表例とも言えます。クルー本社では、約3,000人の従業員が勤務しています。

Press Release

260.1 KB

Images
(12)

Make a selection
0 Images selected

Related News

Please rotate your screen.