ベントレーが第3四半期累計決算で過去最高の業績を達成

ベントレーが第3四半期累計決算で過去最高の業績を達成

  • 営業利益は前年同期の2倍以上となる5億7,500万ユーロ
  • 通年決算で記録した最高益、3億8,900万ユーロをも上回る好業績
  • 売上高利益率はベントレー史上最高の23.1%
  • 2022年1~9月期の販売台数は3%増の11,316台
  • 発売6年目となるSUV「ベンテイガ」の販売台数は前年比9%増
  • 本社を置く英国での販売台数は25%増
  • 南北アメリカの販売台数は7%増、依然としてベントレーの最大市場
  • 欧州とアジア太平洋地域の販売台数は2桁成長
  • 第4四半期は新型「ベンテイガ エクステンデッド ホイールベース」に期待
  • 業界最先端のクルー工場と未来の電動化モデルに対する30億ユーロの投資が好調な業績を下支え
  • 業界をリードする「ビヨンド100」戦略が奏功

(2022年11月2日、クルー) ベントレーモーターズは本日、2022年第3四半期累計決算(1~9月期)を発表し、世界経済の不安材料や先行き不透明感が払拭されない状況にもかかわらず、過去最高の営業利益を記録したと発表しました。営業利益の数値は前年同期比109%増の5億7,500万ユーロで、2倍超の成長を達成しただけでなく、前年の通年決算で記録した過去最高益の3億8,900万ユーロをも上回る好業績となりました。売上高利益率も上昇し、ベントレー103年の歴史の中で最高となる23.1%を記録しました。

第1~第3四半期の累計販売台数は前年同期比3%増の 11,316台、売上高は前年同期の1兆9,490億ユーロから28%伸びて2兆4,900億ユーロでした。

新たな派生モデルの人気が高いことに加え、世界最古のコーチビルダーであるベントレーマリナーが提供するパーソナライゼーション用のオプションも売上に大きく貢献しました。

具体的には、コンチネンタルGT史上最高のパワー、スピード、運動性能、ラグジュアリーさを誇るモデルとして2022年初めに「GTマリナー」が発売されたのを皮切りに、ドライバーへの訴求をさらに強化するため、ドライビングパフォーマンスとビジュアルプレゼンスを重視した「S」モデルがコンチネンタルGTとフライングスパーに追加されました。GTマリナー、Sモデルに加え、ウェルビーイングと快適性に重点を置いた「アズール」も各シリーズに導入されました。

多彩なモデルの投入によってラインアップの拡充に成功する中で、SUVのベンテイガは売上全体の41%を占めるベストセラーモデルとなっています。ラグジュアリーセダンのフライングスパーは27%を占め、フライングスパー史上最高の環境性能を備えた最先端のハイブリッドモデルの導入が売上に寄与しました。究極のグランドツアラーであるコンチネンタルGTとGTCは両シリーズ合わせて売上の32%を占めました。コンチネンタルGTにはベントレー史上最も動力性能に優れたパフォーマンス重視のロードカー「GTスピード」が導入されました。

2022年1~9月期の販売台数は欧州で前年同期比18%増の2,133台でした。アジア太平洋地域も17%増の2桁成長でした。ベントレーが本社を置く英国では25%増の1,126台、ベントレーにとって最大の市場であり続ける南北アメリカは7%増の3,154台でした。

ベントレーはラグジュアリーSUVの新たなフラッグシップとして、ミュルザンヌ以来最高のリアキャビン体験を提供する「ベンテイガ エクステンデッド ホイールベース (EWB)」を発表するなど、第4四半期も好調を維持する見通しです。これまでのところ、ベンテイガシリーズでは受注の約40%をEWBが占めています。

第3四半期累計決算は業界をリードする「ビヨンド100」戦略を後押しするものであり、ベントレーはこの戦略を通して全ラインアップを電動化し、2030年までにカーボンニュートラルを達成する計画です。それに伴い、全モデルの製造拠点である英国クルーのピムズレーン工場と今後の新型車開発に対し、10年間で30億ユーロを投資するプログラムも進行中です。

ベントレーモーターズのエイドリアン・ホールマーク会長兼CEOは次のようにコメントしています。

「ベントレーは世界市場で様々な課題に直面しながらも絶えず前進し、第3四半期決算ではほとんどの地域で売上増を達成いたしました」

「自社のコーチビルダーであるマリナーが製作する各種オプションと限定モデルが好評であること、そして派生モデルの拡充がお客様に好意的に受け止められていることにより、1台当たりの利益が順調な伸びを見せています。今後は、新発売のベンテイガ エクステンデッド ホイールベースがラグジュアリーSUVの売上をさらに押し上げることが期待されています」

第3四半期決算(9ヶ月累計)

実績2022年第3四半期累計2021年第3四半期累計
売上高24億9,000万ユーロ(+28%)19億4,900万ユーロ
営業利益5億7,500万ユーロ (+109%)2億7,500万ユーロ
売上高利益率23.1%14.1%

 

第3四半期販売台数(9ヶ月累計)

市場2022年第3四半期累計2021年第3四半期累計2022年第3四半期累計(構成比)
南北アメリカ3,154 (+7%)2,95228%
中国本土、香港、マカオ2,693 (-17%)3,24724%
欧州2,133 (+18%)1,81419%
アジア太平洋1,531 (+17%)1,30413%
英国1,126 (+25%)89910%
中東、アフリカ、インド679 (-5%)7186%
合計11,316 (+3%)10,934100%

 

- 以上 - 

編集者の皆様へ

ベントレーモーターズは、世界トップの人気を誇る超高級車ブランドです。本社は英国クルーにあり、コンチネンタルGT、コンチネンタルGTコンバーチブル、フライングスパー、ベンテイガ、ベンテイガEWBという5車種の設計からR&D、エンジニアリング、製造までを一貫して本社で管理しています。何世代も受け継がれてきた技を駆使するクラフトマンシップ、エンジニアリングの専門知識、そして最先端のテクノロジーを融合させることは、ベントレーのような英国高級自動車メーカーだからこそなせる技です。また、付加価値の高い英国製造業の代表例とも言えます。クルー本社では、約4,000人の従業員が勤務しています。

Press Release

247.3 KB

Images
(5)

Make a selection
0 Images selected

Related News

Please rotate your screen.