BENTLEYがCONTINENTAL GTのニューモデルイヤーを発表, V8モデルの納車もスタート

BENTLEYがCONTINENTAL GTのニューモデルイヤーを発表, V8モデルの納車もスタート

  • Bentley Continental GT ニューモデルイヤーの詳細を発表
  • W12 クーペにパノラマガラスルーフを新設定し、極上のドライブに開放感をプラス
  • 時代の先端を走るContinental GTシリーズの核となる新型V8
  • 強大なパワーと優れた燃費性能を両立
  • V8の発売に合わせ、豊富にラインアップされたアクセサリーをコンフィギュレーターでお試し可能、アクセスはhttps://bit.ly/2lLSJs8

201996日、クルー)Bentleyは本日、時代の先端を行くContinental GTと新型GT V8、搭載される新装備など、ニューモデルイヤーの詳細を発表しました。

Continental GT W12にパノラマガラスルーフが追加となるほか、シリーズの全モデルを対象に、フェイシアとドアに「ハイグロスカーボンファイバー」というテクニカルフィニッシュが新たに設定されます。

Continental GT V8はパワフルなV8ガソリンエンジンを搭載。キビキビとした一体感のある走り、至高のラグジュアリー、最先端テクノロジーとが融合したモデルです。

Bentleyのウェブサイトでは、V8モデル向けのコンフィギュレーターが用意されています。ユーザーは豊富なアクセサリーから好みのものを選び、自身のテイスト、ニーズ、ライフスタイルに合った理想のクルマをウェブ上で確認できます。幅広いカスタマイズが魅力のContinental GTでは、実に70億通りの仕様から選択が可能です。

Continental GT W12 クーペには、有償オプションとしてパノラマガラスルーフを新たに設定します。価格は3150ポンドからとなります。極上のドライブに開放感がプラスされ、Bentleyのキャビンを形作る最高峰のクラフトマンシップに光が降り注ぎます。

サンルーフには偏光ガラスを使用し、ギラつきをカットしていますので、景色をこれまで以上に鮮やかに眺めることができます。外界を遮断したいときは、コンソールから電動インテリアブラインドを操作すれば、Continental GTのラグジュアリーなキャビンにすっぽりと包まれます。インテリアブラインドの素材はアルカンターラ®、カラーはヘッドライニングと同じになります。ヘッドライニングはBentleyパレットの15色の中からお選びいただけます。

Continental GTシリーズの全モデルを対象にスタイリッシュなオプションも追加します。それが「ハイグロスカーボンファイバー」というテクニカルフィニッシュ。フェイシアやドアウェストレールに「ハイグロスカーボンファイバー」をあしらい、センターコンソールにPiano Blackのウッドパネルを取り付ければ、Bentleyのキャビンが持つラグジュアリー感がぐんと際立ちます。

Continental GT V8に搭載されるのは、新世代の4.0リッターツインターボチャージャーエンジンです。最高出力は550PS、最大トルクは770Nm。強大なパワーと優れた燃費性能を両立し、スタイリッシュなクアッドエキゾーストパイプからは独特のV8サウンドが轟きます。

デザイン、エンジニアリング、ハンドクラフトのすべてが英国クルーで行われる第3世代のContinental GT V8 クーペとGT V8 コンバーチブルは、ドライバーに焦点を当てたパフォーマンス、この上ない洗練性、最新テクノロジーとが絶妙に融合しています。

新型GT V8が魅せる新たなグランドツーリング性能

第3世代のContinental GTは、Bentleyが誇るデザインとエンジニアリングを最高の形で体現。初代Continental GTの発売によって2003年にBentleyが生み出したラグジュアリーグランドツアラーというセグメントを支えるモデルです。

GT V8モデルは、優れた重量配分によってこれまで以上に俊敏さとレスポンスを向上させます。新世代の4.0リッター 32バルブ V8ガソリンエンジンは最高速度318km/hを叩き出し、0-100km/hをクーペは4.0秒、コンバーチブルは4.1秒で駆け抜けます。

躍動感溢れるパフォーマンスだけでなく、特定の状況で8気筒の内の4気筒を休止させることで燃費向上にも貢献しています。もちろん、4気筒になっても走行性能に妥協はありません。停車直前に作動するストップスタートテクノロジーも採用されています。

エフォートレスにしなやかな走りを実現する新型V8モデルは堂々としたそのルックスも魅力です。ペイント仕上げの20インチ10本スポークアロイホイールを標準装備とし、オプションとして最大で22インチなど、9種類のホイールをご用意しました。クーペ、コンバーチブル共に、フロントウィングにさりげなくあしらわれたV8バッジと、クアッドエキゾーストパイプがV8モデルであることを物語ります。

Continental GT V8の豪華で革新的なインテリアがお約束するのは、他では味わえない洗練されたグランドツーリングです。最高品質のレザーや、環境に配慮して採取された希少なウッドパネルなどの天然素材が、ハンドクラフトされた豪華なキャビンにしっくりと溶け込みます。10スピーカーのBentleyオーディオシステムは650Wの大迫力サウンドをお届けします。

GT V8には、ドライバー視点の設計と完全デジタル化を実現した最先端のインストルメントパネルが搭載され、オプションでBentleyローテーションディスプレイも取り付けできます。ローテーションディスプレイは3面ユニットで、シンプルなウッドパネルの面が回転すると、12.3インチのタッチスクリーンの面が現れ、さらに回転すると優美な3つのアナログメーターの面が現れます。

新型Continental GT V8では、クラストップのグランドツアラーに求められる走りはもちろん、Bentleyドライブダイナミクスのセレクター操作を通し、このクルマの多才な実力も体感いただけます。 ドライブモードを切り替えれば、クラス最高峰の洗練された快適な走りから、SPORTモードでの機敏なハンドリングまで、このクルマのあらゆる能力を堪能できます。

GT V8の両モデルは、卓越したハンドリングを実現するため、中空で軽量タイプのアンチロールバーを前後に搭載しています。また、最先端のアダプティブシャシーもオプションとして搭載できます。このシャシーは、乗り心地と横方向のロールをコントロールするインテリジェントなBentleyダイナミックライドシステム向けに製作されました。

エアサスペンションは、快適な乗り心地とダイナミックな走りを一段と向上させます。ドライバーが選択したモードに応じ、スポーツ走行向きの硬めのバネ設定から贅沢なリムジンのような洗練された乗り心地まで、幅広く対応します。連続可変ダンピングコントロール(CDC)は、道路からの入力情報、車両の挙動、ドライバーの要求に応じて減衰力を絶えず調整し、最適な乗り心地とハンドリングを実現します。

新型V8の両モデルは、アクティブオールホイールドライブシステムやエレクトリックパワーアシストステアリングで操縦をサポートするほか、アクティブレーンアシスト、トラフィックジャムアシスト、パークアシストなど、充実のシステムでドライバーをアシストします。

- 以上 -

注意事項

Continental GT V8は、EU28ヶ国、スイス、ノルウェー、ウクライナ、トルコではまだ受注しておりません。それらの国々での受注開始は、2019年第4四半期を予定しています。
詳しくはお近くのBentley正規ディーラーにお問い合わせください。

編集者の皆様へ

Bentley Motorsは、世界トップの人気を誇る超高級車ブランドです。本社は英国クルーにあり、Continental、Flying Spur、Bentayga、Mulsanneという4つのラインアップの設計からR&D、エンジニアリング、製造までを一貫して本社で管理しています。何世代も受け継がれてきた技を駆使するクラフトマンシップ、エンジニアリングの専門知識、そして最先端のテクノロジーを融合させることは、Bentleyのような英国高級自動車メーカーだからこそなせる技です。また、付加価値の高い英国製造業の代表例とも言えます。クルー本社では、約4,000人の従業員が勤務しています。

Press Release

460 KB

Images
(11)

Make a selection
0 Images selected

Related News

Please rotate your screen.

This website uses cookies to ensure you get the best experience.