Bentley電動化戦略の第一歩:BENTAYGA HYBRID

Bentley電動化戦略の第一歩:BENTAYGA HYBRID

  • 超高級SUVセグメント初のラグジュアリーなプラグインハイブリッド

  • 英国生まれの最新モデルが示すBentley電動化戦略の第一歩

  • Bentayga Hybridの販売を欧州で開始

  • Bentley史上最高の高効率モデル、CO2排出量79g/km(WLTP、複合)

  • EV走行距離はWLTP換算値で39km(NEDCモードで51km)

  • 未来を見据えたテクノロジーで都市部に限らず、どんな場所でも静粛な走りを実現

  • インテリジェント・サテライト・ナビゲーションで効率性をアシスト

  •  最高速度254km/h、0-100km/h加速5.5秒

(2019年9月26日、クルー)Bentleyは本日、ラグジュアリーSUVセグメント初となるプラグインハイブリッド、Bentayga Hybridの販売を欧州で開始したと発表しました。英国クルーでハンドクラフトされ、Bentleyが誇る超高級SUVのラインアップに加わるこのニューモデルは、Bentley史上最高の効率性を発揮し、CO2排出量はわずか79g/km(WLTP:加重平均、複合)です。

Bentayga Hybridは、未来を見据えたテクノロジーを搭載し、静謐で贅沢なドライビング体験をもたらす究極のグランドツアラーです。すでに販売が開始されている北米に続き、遂に欧州でも受注が開始されました。

世界初のラグジュアリーハイブリッドとして市場に投入されるBentayga Hybridは、2023年までに全ラインアップにハイブリッドモデルを導入する方針を掲げるBentleyにとって、電動化戦略の第一弾となるモデルでもあります。

今年創立100周年を迎えた英国ブランド初のプラグインハイブリッドが、ラグジュアリーSUVのセグメントに新風を巻き起こします。ガソリンエンジンは新設計の3.0リッターV6ターボ。高効率と高性能を両立させる最新テクノロジーを盛り込んだこのエンジンに、レスポンスを瞬時に発揮する最先端の電気モーターを組み合わせました。

ドライバーをサポートする最先端システムの中で特に注目すべきは、Bentayga Hybrid限定で搭載されるインテリジェント・サテライト・ナビゲーションです。このナビゲーションシステムに目的地を入力すると、モーター駆動とエンジン駆動の最適な組み合わせが自動的に算出され、ハイブリッドパワーがフル活用されます。現在地からどの地点までEVモードで走行が可能かも画面に分かりやすく表示されます。

Bentayga Hybridの税抜き価格は133,100英ポンド、141,100ユーロ、160,000米ドル。納車は英国・欧州で2019年第4四半期、米国で2020年第1四半期に開始予定です。

 Bentayga Hybrid:テクノロジーがもたらす静謐な世界

Bentayga Hybridに搭載される先進的かつ高効率の電気モーターはEモーターと呼ばれ、ジェネレーターとしても機能します。パーマネント・マグネット・シンクロナス・システムによって発揮される最高出力は94kW、トルクは400Nm、停止状態から静寂のままに軽快な加速を生み出します。トルクが瞬時に得られるのは、このシステムによってターボラグが解消されるためです。また、最先端の高圧バッテリーの充電時間はわずか2.5時間です。

Bentayga HybridのEモーターには、新設計の3.0リッターV6ターボガソリンエンジンが組み合わせられます。モーターとエンジンがシームレスなドライビング体験を実現し、システム全体のトルクは700Nm、最高速度は254km/h、0-100km加速は5.5秒です。

Bentayga Hybridには3種類のドライブモードがあります。EVドライブモードではバッテリーの電力のみを使用し、電気モーターの動力で走行します。ハイブリッドモードでは、ナビゲーションシステムからの情報を基にガソリンエンジンとバッテリーの使い分けを最適に制御し、効率性と走行距離を最大限に確保します。ホールドモードでは、都市部に到着したときなど、必要なシーンでモーター走行ができるようにガソリンエンジンとバッテリーの使用バランスを制御し、バッテリー残量を確保しつつ走行します。どのモードでも、減速時に発生する回生エネルギーがバッテリーに蓄えられます。

ガソリンエンジンとモーターを併用した航続距離は747km、1回の充電によるモーターのみの航続距離はWLTPモード換算値で39km(NEDCモードで51km)となっています。ハイブリッドモデルの登場が、洗練さとラグジュアリーを誇るBentaygaのラインアップに新たな拡がりをもたらします。余裕を感じさせる安定したオールホイールドライブの走りはそのままに、世界トップクラスのキャビンの中で、ハイブリッドならではのドライビングフィールを体感できます。

Bentayga Hybridは、CO2 排出量79g/km、燃費3.5L/100km(WLTPモード、加重平均、複合)というBentley史上最高の効率性を誇り、静謐さの中に傑出した乗り心地と走行性能を備えています。超高級SUV初のプラグインハイブリッドは、Bentleyであることの期待を裏切らない姿と走りで、究極のグランドツーリングを叶えます。

Bentayga Hybridは、一台に約130時間をかけてクルー工場でハンドクラフトされます。ハイブリッドモデルのスタイリングは、深みのある造形と時代を超越した優美さに溢れ、躍動感と風格とが絶妙に調和しています。世界随一の超高級SUVに相応しく、英国モダンデザインの粋を集めたキャビンの豪華さも世界トップレベルであり、パーソナライゼーションにも幅広く対応しています。

- 以上 -

 編集者の皆様へ

Bentley Motorsは、世界トップの人気を誇る超高級車ブランドです。本社は英国クルーにあり、ContinentalFlying SpurBentaygaMulsanneという4車種の設計からR&D、エンジニアリング、製造までを一貫して本社で管理しています。何世代も受け継がれてきた技を駆使するクラフトマンシップ、エンジニアリングの専門知識、そして最先端のテクノロジーを融合させることは、Bentleyのような英国高級自動車メーカーだからこそなせる技です。また、付加価値の高い英国製造業の代表例とも言えます。クルー本社では、約4,000人の従業員が勤務しています。

Press Release

446 KB

Images
(11)

Make a selection
0 Images selected

Related News

Please rotate your screen.

This website uses cookies to ensure you get the best experience.